COLUMN

COLUMN

カラー フォー ユア ライフ (Color for Your Life)
第2回 - 海外の建物

スイス医療施設 その4 インテリア編

 今回はスイスのチューリッヒにある老人ホームについて紹介します。

 この老人ホームは前回紹介したワイド国立病院の近くにあり、小高い丘をさらに登って行ったところにあります。ワイド国立病院以上に眺めの良い高台にあるため、遠くにはチューリッヒ湖が見えました。風がよく通る場所に位置しているので、訪れたのが11月下旬ということもあり、肌寒い風が吹いていました。

カフェールベルグナーシングホームから見た景色

カフェールベルグナーシングホームから見た景色

■Keferberg Hospital (カフェールベルグナーシングホーム / チューリッヒ )

 日本の高齢者施設の外観はベージュやクリーム、ブラウン系といった穏やかな色が使われることが多いのですが、このナーシングホームの外観はホワイトとグレー、窓枠にはレッドが使われていて、何ともスタイリッシュでモダンな建物でした。

カフェールベルグナーシングホーム建物外観
カフェールベルグナーシングホーム建物外観

色とりどりのテラス席

色とりどりのテラス席

 そしてテラスには色とりどりの鮮やかなイスが置いてあり、楽しい雰囲気を醸し出しています。訪れたのが寒い季節でしたので座っている人はいませんでしたが、きっと夏には多くの人がここでくつろぎ、談笑し、もしかしたらワインを飲んでいるのかもしれません。

 中に入ると窓辺に施されたイルミネーションの明かりがとてもきれいです。入ってすぐ自由に座れるフリースペースがあり、ご夫婦でトランプをしたり、本を読んだりしていました。
壁は白くペイント、床は大理石、家具のテーブルはナチュラルな白木、イスも白木でブラックの座面と背もたれがセンス良く空間を引き締めています。また天井にはブルー、ホワイト、レッドのパネルが貼られていて外観と同じモダンな雰囲気でした。

窓辺にはイルミネーション

窓辺にはイルミネーション

天井のブルーと白と赤のパネル

天井のブルーと白と赤のパネル

 フリースペースの反対側にはカフェと売店があります。ステンレスのキッチンには床とカウンターにライトグレーの御影石が使われ、白木の天井とオープン棚がやはりモダンな雰囲気と清潔感を感じさせていました。
飲み物を売っている棚を見ると、オレンジジュースや炭酸飲料のほかに、ありましたワインとビールです(笑)。間違いなく外のテラスでお酒を楽しんでいると思いませんか? ところで日本の老人ホームにお酒は売っているのでしょうか???

病棟廊下

カフェと売店

病棟廊下

たくさんのジュースとアルコール

病棟廊下

カフェのテーブル席
外のカラフルなテラス席が見える

 フリースペースとカフェスペースを抜けて、プライベートゾーンへ。入居者の方々が生活している空間に入ると、徐々に雰囲気が変わり始めます。壁の色はホワイトだけでなく、ブルーやオレンジのアクセントカラーが使われるようになり、床も大理石からグレイッシュブルーのカーペットになりました。全体的にとても温かみのある空間です。
プライベートゾーン入口の壁にはパステルブルーがペイントされ、猫の絵がたくさん飾られていました。ここは入居者の方々の作品を展示するギャラリーにも使われているスペースです。テーマを統一した絵が飾られているので、絵のタッチが異なっていてもスッキリした見え方になっていると感じました。

ギャラリーに使われている壁

ギャラリーに使われている壁

プライベートゾーンの空間。温かみがあり落ち着いた雰囲気。

プライベートゾーンの空間
温かみがあり落ち着いた雰囲気

 アニマルセラピーも取り入れられていて、日当たりの良い光が差し込むイスの上で猫が気持ちよさそうに眠っていました。私は猫が大好きなので、ついつい猫に目がいってしまうのですが、皆さんに紹介したいのは壁と床の色の関係です。

アニマルセラピースタッフの猫

アニマルセラピースタッフの猫

 下の図は色相環といい、R(赤)→YR(黄赤)→Y(黄)→GY(黄緑)→G(緑)→BG(青緑)→B(青)→PB(青紫)→P(紫)→RP(赤紫)の順番に環にしたものです。

 建築物のカラーコーディネートの基本的な考え方に
①同じ色相でまとめる「同色相配色」
②隣り合う色相でまとめる「類似色相配色」
③補色の関係の色相でまとめる「対比色相配色」があります。

before

色相環

同色相配色

①同色相配色
※赤をペースに考えた場合

類似相配色

②類似相配色
※赤をペースに考えた場合

対比相配色

③対比相配色
※赤をペースに考えた場合

 先ほどの猫が寝ている空間の色を見ますと、壁はグリーン、床とイスはブルーなので②類似色相配色でコーディネートされているのがわかりますね。類似色相配色は、まとまりのある空間を保ちつつ変化を付けたい時に使う配色型です。①の同色相配色は完全に同じ色相だけでまとめるため、まとまりがある反面、変化に乏しい空間になる場合もあります。③の対比色相配色は変化を付けたい時に使う配色型です。

 CGを使って緑色の壁の色を変えてみました。左から①同色相配色、②類似色相配色(オリジナル)、③対比色相配色です。徐々に空間に変化がつく様子がわかると思います。

同色相配色

①同色相配色

類似相配色

②類似相配色

対比相配色

③対比相配色

 実はこの空間で面白い気付きがありました。猫の毛色の茶トラ(黄赤)は、床のブルーと壁のグリーンとの対比関係にあるため、空間に猫が入ることで対比色相配色になるのです(笑)。そのため空間と猫が互いに引き立て合い、メリハリの効いた空間として絶妙にコーディネートされています。もしかしてこれは狙っているのでしょうか?
意図しているのか偶然なのか、面白い効果が生まれていることで、楽しい気持ちになりました。

 さて、次回は入居者の方々の部屋や生活について書きたいと思います。
お楽しみに!

What's PXI

PXI MTG

CASE STUDY

HOW TO

COLUMN

Q & A

EVENT