PXI[ピクシィ]会議

PXI MEETING

インテアおける「壁」の役割が、変わりはじめた。

 塗料メーカーである当社とインテリアコーディネーターとの意見交換を目的に始まった「PXI(ピクシィ)会議」。第2回目は、神奈川インテリアコーディネーター協会に所属する林美和子さん、林眞理子さん、高橋奈津子さんの3 名を東京事業所に招き、当社専属インテリアアドバイザーである保田孝、当社R&D 本部CD 研究所研究員・石原麻子をまじえて、最近のインテリアコーディネート事情について伺いました。

「アクセントウォール」が、提案のトレンド。

保田氏この度は「PXI会議」にご出席下さいましてありがとうございます。早速ですが、皆さんは最近どのような物件に携わることが多いですか?

高橋さん私は首都圏の住宅リフォーム物件を中心に活動をしています。中でも、キッチンのリフォームが多いですね。メーカーの部材だけの構成ではなくて、主婦の視点でその家庭にふさわしい機能を付加した造作などで“カスタマイズ” された提案を心がけています。

保田氏なるほど“カスタマイズ”。オリジナリティのある付加価値提案ができれば、満足度も高まるでしょ う。

林(眞)さん私は東日本大震災以降、家具の転倒対策への関心が高まったせいか壁面収納の相談が多くなりました。

保田氏インテリアコーディネーターも皆さんのようにベテランとなると扱う物件の幅が広いですね。そうなるとインテリアコーディネーターの役割も多彩でクライアントの期待もさまざまでしょう。 さらにお聞きしたいのですが、インテリアコーディネーターやインテリア計画について、お客様の想いや要望に何 か変化を感じるものはありますか。

林(美)さん半分以上のお客様から内装デザインについて個性あふれる“わがまま” を言われますよ。インテリアコーディネーターとしては、むしろそれに応えていくことが楽しいですね。

高橋さん普通の住宅の工法を考えると、壁や天井の仕上げは「下地を壁紙でカバーリングするもの」と言う認識が一般化しているようですが、最近では「アクセントウォール」への関心が高まっ てきていますよね。壁そのものを空間演出のポイントに考える生活者が増えてきたのではないでしょうか?

林(美)さん 「アクセントウォール」をお客様の方から要望されることも増えてきていますね。これまでは「壁を意識したことがない」という方が大半でしたが、「一部の壁面を自分の好きな色に塗りたい」、「この壁面だけ、こんな素材を使いたい」と、自らのこだわりを相談される方もいらっしゃいます。生活者にとっても、壁を自分好みにアレンジするという表現方法が徐々に広まってきているかもしれません。こうした現象は、私達インテリアコーディネーターにとってはとても喜ばしいことです。

保田氏ここで「アクセントウォール」についてのお話が有りましたので、もう少し「壁」について掘り下げてみたいと思います。私は日本人とヨーロッパ人の壁に対する意識の違いを常々感じています。日本の「開口部の文化」に対して特にヨーロッパは「壁の文化」を感じます。建築の構造様式や気候風土の違いなんでしょうか、壁の存在感が希薄な日本では、壁への拘りが薄かったようですが、近年では暮らしやインテリアスタイルの欧風化で生活者の意識が変わりつつあるようですね。

林(眞)さん私もお客様からアクセントウォールを相談されるケースが増えています。ただ、そこで単にお客様の好きな色や柄など視覚的な面だけを提案するのではなく、「におい」や「光」、「音」などによる快適性の演出の大切さも私からご説明するようにしています。たとえば、「その壁にはアクセントとして無垢の木材を貼りましょう」と。無垢材は長年にわたって部屋を心地よい木の香りで包んでくれます。「深呼吸したくなる家にしませんか?」と付け加えると、今までインテリアに興味を示さなかったご主人の方が前のめりになって提案を聞いて下さることも。お客様自身は気付いていなくても、視覚面以外の提案を私達ICに求めて下さっているのだと感じますね。そして、その表現方法の一つとして「壁」というのはまだまだ可能性を秘めているのだと実感します。

高橋さん床の仕上げについての関心が高くても、まだまだ「壁」には興味がないお客様がいることも事実です。廊下や水まわりなどの狭いスペースでちょっとした壁面の工夫をご提案すると、多くの方は喜んでくださいます。小さい空間ですから予算もさほどかかりません。

「壁」、実は住まう人の「心」を左右する大切な存在。

保田氏日本人は太い「大黒柱」に信頼感を抱きますが、ヨーロッパ人は「厚い壁」なんですね。いまどきの住まいは大黒柱はおろか柱の存在感すら感じません。その代りに構造体の一部として「壁体」を意識すれば壁の見え方も変わってくると思います。壁が主役になる演出をすることで時間の流れとともに、空間価値や愛着が増していくのではないではないかと思います。

石原以前に当社CD 研究所で行った実験 で、小学校の校内の壁面を小学生が好きな色の塗料で塗り替えたことがありました。事前に教室や昇降口、廊下の色を変えた画像を数パターン用意し、生徒と先生から好きな空間や色についてアンケートをとったのですが、生徒達は水色、先生方は白色。そこで、職員室の前だけは白色に塗って(笑)、それ以外の教室や廊下はすべて生徒達の希望にあったカラフルな色に塗り替えたんです。すると、「教室や廊下の床が以前よりもきれいになった」という面白い結果が得られました。つまり、生徒達が学校という建物に愛着を感じて、自発的に掃除をするようになったんですよ。「好きな色を壁に塗ると、愛着がわく」というのは、きっと住まいに置き換えても同じことなのだなと思います。

林(眞)さん石原さんのお話、素敵ですね。きっと、自分達の希望が壁に反映されたことで、生徒達にとって学校が真の財産になったのではないでしょうか。私達が所属する神奈川インテリアコーディネーター協会でも定期的に子どもを対象にしたインテリアセミナーを行っています。子ども部屋はもちろん「これから建てるご自宅のインテリアを決めるときは、ぜひ子ども達も参加させてあげてください!」と、いつも私は言っています。

高橋さん私のお客様でも、お子様を打合せに参加させる方は結構いらっしゃいます。塗料だけでなく、たとえば「ここのタイルは、子ども達に貼らせてみよう」など、家族全員で楽しめるインテリアコーディネートを一緒になって考えていますね。。

林(美)さん欧米では習慣として「自分の部屋は自分で塗る」という考え方が浸透していますよね。たとえば毎年クリスマスの時期にはみんなで壁を新しい色に塗り替えたり・・・。特に、「子どもの教育」という視点でも、インテリアを自分で考えさせて、自分で自分の空間を作らせることがとても良い影響を与えているのです。

石原さん海外の事例ですが、以前にスイスの医療福祉施設に調査に出向いたとき、患者さんの部屋ごとに壁面の色が違う建物を見学したことがありました。これは、その部屋に入る患者さんの好きな色を塗ることで、心理的に良い影響をもたらすという言わば治療の一環として行われていたんです。空間の色について「壁は、住まう人の心に影響を与える大切な存在の一つ」という意識が海外では高いことを実感しました。

ペイントと、インテリアの新たな融合に向けて。

保田氏一般に内装仕上げはビニールクロスがいわゆる「標準仕様」の相場ですが、代わりにペイントを選択したとしましょう。ではペイントにしたらどのような効果が生れると思いますか。

林(美)さん下地の色が透けて見えるのはおもしろいですね。下地の凹凸や微妙な表情を残しながら予期しない効果が見えたり、塗り方で様々な表情も可能になりますよね。ペイントとしての機能もしっかり果してくれます。

保田氏ペイントは壁や造作のどんな形状にも継ぎ目なくと一体となるから、仕上げ材と言うよりも壁そのものですよね。

林(眞)さん子供たちの感性も変わってくるのでは。それにペイントは最後にクライアントに手を加えていただくと、もっと愛着が増します。

保田氏関西ペイントでは、石原さんのいらっしゃる研究部門でインテリアのカラートレンドに関するさまざまな情報やノウハウを収集、蓄積していますよね。意匠性や機能性にすぐれた多彩なインテリアペイントも揃っています。今後は、こうしたソフト・ハードの情報や技術を生かした演出のノウハウをインテリアコーディネーターの方々にどのようにして知ってもらうかが大事になってきますね。その一端を「PXI」が担っていくということですね。

石原はい、期待していただきたいですね。ところでインテリアコーディネーターの皆さんから関西ペイントに対してご要望があれば、この機会にぜひ教えてください。

林(眞)さん私は以前に「リフォーム&インテリア2012」という展示会で、関西ペイントの漆喰塗料「アレスシックイ」を展示作品に使わせてもらったことがあります。「調湿」「消臭」「アレルゲンの吸着」などアレスシックイの持つ多彩な機能性は、来場者からとても注目を浴びました。生活者がインテリアペイントの魅力を実感できるような機会をもっと増やしてほしいですね。

保田氏当サイトの名前である「PXI」は、「Paint × Interior」すなわちペイントとインテリアの融合を目指したコミュニケーションサイトとして生まれました。言い換えれば、塗料メーカーとインテリアコーディネーターとの新たな連携を創出していくことが「PXI」の目的です。私達の力で、日本のインテリアの進化を後押ししていきましょう。皆さん今日はどうもありがとうございました。

MEMBER PROFILE
林 美和子
林 美和子神奈川インテリアコーディネーター協会 会長
リリカラ(株)東京ショールームでの勤務を経て、三井ホーム(株)アシスタントコーディネーターに2年間従事。その後、同社と23年にわたる業務委託契約で、フリーランスとして活躍中。ハウスメーカーでのインテリアコーディネートに長年携わった経験から、新築住宅のインテリアコーディネートやモデルルームのコーディネートなど、新築物件のインテリア計画を得意とする。
林 眞理子
林 眞理子インテリアワークスヴィヴィール主宰
積水ハウス(株)、三井ハウス(株)、(株)東急ホーム(現・(株)東急ホームズ)の業務委託契約を経て、2002年にインテリアワークスヴィヴィールを立ち上げる。以来、首都圏を中心に数多くの新築物件のインテリアデザイン・コーディネートを手がけ、短期大学校講師を務めるなど幅広く活躍。インテリアをテーマとしたセミナーも各地で積極的に開催し、町田ひろ子アカデミーで講師を10年以上務めている。
高橋 奈津子
高橋 奈津子住デコレーション主宰/神奈川インテリアコーディネーター協会 副会長
工務店にて新築やリフォームのコーディネート業務や現場管理など幅広く携わってきた経験を生かし、2011 年4 月に独立。自らも子育てをする主婦である立場を生かして、母親の目線で暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを提案するのが得意とする。
保田 孝
保田 孝アイ・プランニング代表
関西ペイント販売専属インテリアアドバイザー。住宅メーカーで設計、デザイン部門に在職中に全国のモデルハウスの設計を統括。そのノウハウをもとにインテリアのビジネスシステム構築やインテリアコーディネーターの育成を経てアイプランニングを設立。以降ゼネコン、家具メーカー等の事業開拓支援、企業・学校の講師、執筆活動を行う一方、インテリアコーディネーターの支援活動を続けている。
石原 麻子
石原 麻子(環境色彩1級カラーコーディネーター)
関西ペイント(株)CD研究所 色彩研究員/ チーフカラーデザイナー
入社以来、建築物や構造物の色彩研究に従事。大規模集合住宅や医療福祉施設、再開発事業の色彩設計や『子供の立場から考えた学校の色』についての研究を行っている。実績として、UR都市再生機構神奈川地域支社向けの『集合住宅の色彩計画ガイドライン』作成、JR角館駅舎(秋田県)、愛媛労災特別介護施設ケアプラザ新居浜、北九州市戸畑駅前再開発、平塚市立小中学校の色彩計画ガイドラインなどがある。

What's PXI

PXI MTG

CASE STUDY

HOW TO

COLUMN

Q & A

EVENT